• home >
  • プロテニスプレーヤー佐藤博康選手

「乳酸菌生成エキス」が応援するトップアスリート

東京都出身。1972年生まれ。

10歳からテニスを始める。大学在学中に全日本選手権でダブルスを制覇する。94年04年に男子ダブルスを99年05年08年にミックスダブルスで優勝。日本の男子プロテニスプレーヤーとして最年長。トップアスリートとしてのコンディショニング管理やアンチエイジングの取り組みについても注目を集めている。


テニスは、肉体的にも精神的にもすごく過酷なスポーツなので、もっとも心がけているのは疲労を次の日に持ち越さないことです。疲れなどから風邪などをひいて体調が悪化すると大変です。風邪薬をはじめ、栄養ドリンクにもドーピング疑惑につながる成分が入っているので、使えません。ですから、私がコンディショニング管理のために実践しているのは、バランスの良い食事と乳酸菌生成エキスを毎日飲んで、腸内環境をととのえること。おなかがすっきりすると、カラダの底からエネルギーが湧いてきてがんばることができるんです。