• home >
  • 新谷弘実医学博士

新谷弘実医学博士

アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授

1935年福岡県柳川市生まれ。1960年、順天堂大学医学部卒業。
1963年、渡米し、ニューヨークのべス・イスラエル病院に勤務。現在、
胃腸内視鏡学のパイオニアとして活躍。1968年に「新谷式」と呼ばれる
大腸内視鏡の挿入法を考案。1969年に世界で初めて、開腹手術するこ
となく、大腸内視鏡によるポリープ切除に成功した。日米でおよそ35万
例の胃腸内鏡検査と10万例以上のポリープ切除術を行ない、医学界に
大きく貢献する胃腸内視鏡学の世界的な権威。
著書に、「病気にならない生き方」(サンマーク出版)「胃腸は語る」(弘文
堂)等。監修著書に「腸からはじめる幸せ健康法」(新星出版社)等。