• home >
  • 乳酸菌の話

乳酸菌の話

ところで、乳酸菌ってなに?

「乳酸菌ってヨーグルトのことでしょ?」と考えていらっしゃる方が多いようですが、実はヨーグルトは乳酸菌製品の一種で、他にもいろいろな乳酸菌製品があります。ヨーグルトはもちろん、チーズ、しょうゆ、味噌、漬け物、パンなども乳酸菌は関係しています。
私たちの腸の中にも善玉菌の代表である乳酸菌がすんでいます。長寿村の健康なご老人は、普通の人より乳酸菌が多くすんでいたというデータもあります。動物実験においても、腸内に乳酸菌の多い動物は長生きだといわれています。
それでは、健康によい乳酸菌が、腸内でどんな役割をしているのか、また、どうしたら増やすことができるのかを説明していきましょう。

おなかの中には、いなくてはいけない善玉菌(乳酸菌)と、いてほしくない悪玉菌がすんでいます

私たちのおなかの中(腸内)には、乳酸菌を代表とする善玉菌と、人体に悪い影響を与えてしまう悪玉菌とが棲んでいます。それらを腸内細菌と呼びます。
腸内細菌の全体数は決まっていて、定員制です(約120兆個)。善玉菌(乳酸菌)が増えれば悪玉菌が減り、悪玉菌が増えれば善玉菌が減っていく関係にあります。

腸内は、善玉菌(乳酸菌)がリーダーシップをとっていれば、健全でよい状態です。乳酸菌は、ビタミンを合成したり、消化吸収を向上させたり、感染を防止してくれたりするからです。また、小腸に70%も集中しているといわれる免疫細胞を鍛え、免疫力を向上させたりもします。

これに反して、悪玉菌が優勢だと、腸のハタラキが弱まってお通じが悪くなるだけでなく、悪玉菌が発生させる有害物質、たとえば硫化水素、アンモニア、インドール、フェノールなどが腸内にどんどん発生してしまいます。腸内に悪玉菌が多いと、このような有害物質が絶えず腸内に発生し、体内へどんどん吸収されてしまいます。その結果、病気の引き金になったり、老化が早まったりしてしまうのです。 

このように、身体には、いてほしくない悪玉菌ですが、悲しいことに、年齢とともに、そして食べるもの、ストレスの多い生活環境のせいで、私たちの腸内には悪玉菌が増えてしまいがちです。

加齢 ・・・・・・・
年齢とともに乳酸菌は減り、悪玉菌が増えていく。
食べもの ・・・・・
悪玉菌は動物性タンパク質、脂質などが大好き。肉や油っこいものばかり食べていると悪玉菌の勢力は増すばかり。
ストレス ・・・・・
乳酸菌はストレスでも減ってしまうデリケートな生き物。腸内細菌の全体の数は決まっているので乳酸菌が減ると、悪玉菌の勢力は強力に。

善玉菌

悪玉菌

「自分の腸内は、どうなっているんだろう?」と心配になってきた方もいらっしゃると思います。簡単にわかる方法をお教えしましょう。便やおならの臭いで判断できます。悪臭なら、腸内は悪玉菌優勢で有害物質が発生してしまっているおそれがあります。

そうであれば、そのよくない状態が、そのまま、カラダ全体の健康やお肌の調子に反映されてしまうことになります。

そうならないようにするためには、腸内を善玉菌の代表である「乳酸菌」でいっぱいにしてあげることが大切です。

では、乳酸菌を増やすにはどうしたらよいのでしょうか? 「ヨーグルトや乳酸菌飲料を飲めばいいのでは?」という声が聞こえてきそうですが、実は、これらではおなかの中の乳酸菌を増やすにはちょっと???なのです。理由は3つあります。

1胃酸で殺される 2空気のあるところで育ったヨーグルトの乳酸菌は空気のない腸ではいきられない 3腸内の乳酸菌にも血液型のように相性があって、その人の型にあった乳酸菌しか  棲みつけない

だから、腸内の乳酸菌を増やすには、口から生きた乳酸菌を送り込むのではなく、新生児のころから自分のおなかの中にいる乳酸菌が増えやすい環境をつくってあげることが大切です。

『乳酸菌生成エキス』をぜひお役立てください。