乳酸菌生成エキス研究室乳酸菌生成エキス研究室
腸博士・藤田紘一郎先生に聞く腸たいせつな話
No.5 ≪アレルギー≫

「浮気者」はアレルギーになりにくい

アレルギーはよく「コップの水」にたとえられます。人の体にはアレルゲンに耐えきれる許容量があります。その量を超えてしまうと、コップの水が流れ落ちるように、アレルギー症状が現れます。ただ、このアレルゲン許容量は人によってかなり差があります。腸内細菌叢の状態や免疫力の強さ、心のあり方、食生活によって、アレルゲンに対する許容量は大きくもなり、小さくもなります。

乳幼児期からアレルギー体質になりやすい方は、この許容量が小さくなりがちです。でも大丈夫。大きくするように努めればよいのです。

アレルギーの許容量を大きくするには、「浮気者」になることも大切です。もっともこれは、男女の話ではなく、アレルゲンになる物質に対しての話です。一途にのめり込む性格の人は、「これ!」と思うものがあるとひたすら愛し続けます。大人のアレルギーは、その一途さがアダになることが少なくありません。

「ばっかり食べ」は避けよう

私の知り合いの女性に、大人になってからバナナアレルギーになった人がいます。彼女は、バナナダイエットが流行したこともあり、毎朝、大好きなバナナを欠かさず食べていました。しばらくすると、バナナを食べるときまって、吐き気や下痢をもよおすようになりました。心配になった彼女が医療機関で血液検査を受けると、バナナアレルギーになっていたのです。

好物だったり、健康によいと聞いたりすると、毎日同じものを食べ続けてしまうことがあるでしょう。化粧品もそうです。「肌によい」と聞くと、ひたすら同じ化粧品を使う女性は多くみられます。ところが、アレルギー許容量の小さい人が、同一のものをとり続けると、“コップ”はすぐにいっぱいになってしまいます。

野菜や果物も同じです。これらは、腸内環境をととのえるうえで大切な食品です。しかし、体によいはずの野菜や果物が、ヒトによってはアレルゲンになることもあります。どんなによい食品も、同一のものを食べ続けることは避けましょう。さまざまな食品をバランスよく、日替わりでとることが大切なのです。

アレルギーを腸から治す方法

アレルギー性疾患に苦しむ人が増えてきています。これは「キレイ社会」がもたらしたツケだと私は考えています。周辺の菌を、みな「バイ菌」扱いし、除菌、殺菌を繰り返しているため、免疫機能が弱体化しているのです。

よって、アレルギーの克服を期待するなら次の3つを実践なさってみてください。

①殺菌・抗菌・除菌グッズを家から排除する。

②発酵食品を毎日食べ、腸を鍛える。

③土や自然と触れ合う。

アレルギー体質改善作用を持つ野菜もあります。レンコンは鼻水・鼻づまりを、クレソンには喘息の発作を、シソはアレルギー反応を和らげる作用があります。もちろん、これら食材も摂りすぎはNG。バランスが大切ですよ。

藤田先生が10年愛用している「乳酸菌生成エキス」とは?

profile

藤田 紘一郎(ふじたこういちろう)

藤田 紘一郎(ふじたこういちろう)

藤田 紘一郎(ふじたこういちろう)

東京医科歯科大学名誉教授、医学博士。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。マラリア、フィラリアなどの免疫研究のかたわら、「寄生虫体内アレルゲン」、「ATLウイルスの電線経路」の発見など多くの業績をあげる。また免疫学を下敷きにしたユニークなエッセイストとしても活躍。著書に『笑うカイチュウ』(講談社・科学出版賞)、『清潔はビョーキだ』(朝日文庫)、『腸内革命』(海竜社)、『病気にならない乳酸菌生活』(PHP文庫)、『腸で寿命を延ばす人、縮める人』(ワニブックス)など多数

  • ツイッターで共有する
  • Facebookで共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせはこちら