乳酸菌生成エキス研究室乳酸菌生成エキス研究室
腸博士・藤田紘一郎先生に聞く腸たいせつな話
No.10 ≪腸内細菌と血液型≫

血液型と腸との不思議な関係 

血液型で免疫力に差が

日本人は「血液型」の話が好きです。たとえば、A型の人は「几帳面」、B型は「自由奔放」、O型は「大ざっぱ」、AB型は「二重人格」というように。これについて科学者の多くは否定的です。「血液型は血液中のタンパク質が影響しているから、性格とは関係なし」だと。

でも、これらの学者は、人の血液型を決める「血液型物質」がどのようなもので、どのように出現してきたかを知らないのかもしれません。

私としては、血液型によって性格が決まることがあってもよいと思っています。これは血液型占いを信じているからではなく、免疫学者としての観点からの考えです。

人は血液型によって免疫力に差があります。実際に、血液型によってかかりやすい病気とそうでない病気があります。その結果、「血液型で性格がある一定方向に向かいやすいことがあっても不思議ではないはず。

たとえば、A型はさまざまな病気に比較的かかりやすい傾向のグループです。ゆえに「慎重で用心深い」「几帳面で神経質」という性格なのかもしれません。

一方、O型は、免疫力が強いグループ。開拓者魂があるため主張が強い性格。

B型はO型の次に免疫力が強いけど、肺炎や食中毒にかかりやすいため、集団には入ろうとしない傾向があって、自由奔放な性格。

AB型はもっとも免疫力が弱いグループ。感染症全般にかかりやすいので多くの人との接触をさける内向的な性格・・・というように。

A型はなぜ生まれた?

ところで、このような血液型の違いは、なぜ起きたのでしょうか。あまり知られていませんが、血液型の違いは、ヒトだけの特徴ではありません。オラウータン(A,B,O,AB)などの霊長類、ヒキガエル(AB)などの両生類、ゴボウ(O)やソバ(AB)などの植物、そして大腸菌(A,B,O)などの細菌にも血液型があります。人類は、もともとO型で、クロマニヨン人も全員O型で、A型やB型はいませんでした。

ではなぜ、A型の人が出現したのでしょうか。それは腸内細菌が関係しています。

私たちのおなかの中には100兆個もの腸内細菌たちがすんでいます。この腸内細菌たちのおかげで、病原菌の体内への侵入が防御されたり、免疫がととのったり、人体に必要な栄養素がつくり出されたりしています。

このありがたい腸内細菌に、A型物質やB型物質を持つものがいます。これらの腸内細菌は、人類がヒトに進化する前からずっとおなかの中にすんでいました。その長い共生の歴史の中で、腸内細菌がもつA型物質やB型物質の遺伝がもつA型物質やB型物質の遺伝子が、ヒトの体内にもぐり込む「遺伝子移入」が起こったのです。

その結果、A型やB型の血液型を持つ人が出現したというわけです。それらが混血することでAB型も誕生しました。

腸内細菌は、人の健康を左右するだけでなく、その進化にも大きく関わっているのです。敬意をはらって、彼らが喜ぶ食生活や生活習慣を心がけ、大切に共生してまいりましょう。
藤田先生が10年愛用している「乳酸菌生成エキス」とは?

profile

藤田 紘一郎(ふじたこういちろう)

藤田 紘一郎(ふじたこういちろう)

藤田 紘一郎(ふじたこういちろう)

東京医科歯科大学名誉教授、医学博士。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。マラリア、フィラリアなどの免疫研究のかたわら、「寄生虫体内アレルゲン」、「ATLウイルスの電線経路」の発見など多くの業績をあげる。また免疫学を下敷きにしたユニークなエッセイストとしても活躍。著書に『笑うカイチュウ』(講談社・科学出版賞)、『清潔はビョーキだ』(朝日文庫)、『腸内革命』(海竜社)、『病気にならない乳酸菌生活』(PHP文庫)、『腸で寿命を延ばす人、縮める人』(ワニブックス)など多数

  • ツイッターで共有する
  • Facebookで共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせはこちら